借金返済

2回目の任意整理(債務整理)の正しい方法~3回目、4回目の話や個人再生・自己破産等も

【一括請求が届いた…そのまま放置は危険!】差し押さえをされる前にやるべき対処法

 

c00e1f03594dd01c04f9c8114361ffad_s

毎月の借金の返済が難しく数カ月、滞納をしてしまった

という方は、そのまま放置をしてしまうとあなたの生活を一変してしまう事態になりかねません。
今は、催促の電話や手紙程度かもしれませんが何の対処もしないでいると『差し押さえ』という最悪の結果になりかねません。
 
滞納をしている人は今すぐ対処をする必要があります。
ここでは借金を滞納して今現在、放置をしてしまっている人の対処法について詳しく解説をしていきます。

 

 

借金を放置すると何が起こる?

35535

 

 

■支払日~数週間

支払日に支払いがされないと貸金業者から、電話や督促状が送られてきます。
電話は取るのが怖いかもしれませんが「支払いが出来ていませんが如何いたしましたか?」という確認の電話になりますのできちんと電話には出る方が賢明です。

 

電話に出ないと「無視をしている」「払う意思がない」と取られかねませんので、電話にはきちんと出るようにしましょう。
電話や督促状にきちんと対応をすれば、これ以上あなたの状況が悪化することはありません。

 

 

■約1カ月以降

電話や督促状にきちんと対応をしなければ、自宅に内容証明郵便が送付され支払の一括請求が行われます。

 

≪内容証明郵便とは?≫
郵便局が、債権者がきちんとあなたにこのような文面で何日に送付したという証拠がしっかりと残る郵送方法になります。
送付した書面と同じ内容が第三者の所で残っている為、言い逃れが出来ないものとなっているのが特徴です。

 

 

内容証明郵便が届いたら、早急になんらかの対処はしておく方がいいでしょう。
内容証明郵便には「支払期限」「一括請求金額」が記載され、万が一支払いがされない場合は法的処置などを取らせて頂きます。という文面が書かれていることが多いものです。
債権者が言う法的手段とは『裁判』です。

 

届いた翌日に、すぐに裁判を起こされたり差し押さえがされたりという事はありませんがあなたがこのまま何も対処しなければ給与や財産差し押さえも遠い未来の話ではない事は頭に入れておかなければいけません。

 

 

差し押さえをされない為には?

一括請求が届いて記載されている金額がすぐに支払える様な状況ならば、すぐにでも支払いをすることをオススメします。
しかし、すぐに金額が支払えない場合は放置をして逃げるのではなく専門家である弁護士に相談をして専門家の力を借りて借金を整理することが財産を手放さない方法になります。

 

専門家が出来る手続きの債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」と種類がありますが、どれがあなたに適しているかというのは今あなたが置かれている状況によって変わってきます。
専門家に相談をするときに、あなたが人生を再スタートするにはどの手続きが適しているかも聞いてみるといいでしょう。
 
88781
 
万が一、債権者が法的手段(裁判)の手続きを進めている状態でも債務整理は可能ですので安心をしてください。
債務整理の1つのメリットとして、債務整理が開始されると『差し押さえや強制執行を中止することが可能』という点です。
滞納をし、一括請求が来ている人にとって差し押さえで財産が持っていかれるのは恐怖でしかないと思いますが、債務整理を開始し手続きが進むと差し押さえ等ができなくなりますので安心して大丈夫です。

 

しかし、裁判が進みすぎていると債務整理をしても効力がない場合もありますので現在、一括請求が既に届いている方は早急な対応が必要と言えます。
 
なかなか素人では、どれくらい今の状況が危機なのかなど分からないこともあるかと思いますので内容証明郵便が届いていたり、既に裁判を起こされてしまっている方は専門家に相談に行きまず差し押さえを防ぐためには何をしたらいいかなど聞いてみることをオススメします。

 

債務整理って?

差し押さえを防ぐことができる専門家に依頼できる手続きとして債務整理があるとお話ししましたが、ここでは簡潔にそれぞれの手続きがどのようなものかを解説していきます。
詳しくは【参照】「借金を整理する債務整理とは?メリットデメリットについて知りたい」で解説していますので、より詳しく知りたい方は参照を参考にしてみて下さい。

 

 

≪任意整理≫
原則として金利(利息)のカットを交渉し、元本のみを3年程度の長期にかけて生活に負担のない金額で分割支払いをし借金の完済を目指す手続きになります。
また、債権者との取引当初にさかのぼり金利が法的上限を超えていないかをチェックし、法廷内に金利を引き下げた上で再計算を行いそこから金利カットの手続きを行います。
 
任意整理の最大のメリットは、裁判所を介しての手続きではありませんので会社や家族に借金の事がバレずに手続きが可能という点です。

 

 

≪個人再生≫
住宅などの財産は手放さず、大幅な借金の減額(5分の1~10分の1:減額率はあなたの財産や借金総額によっても変わってきます)を行い残りの金額を約3年程度で分割支払いをし借金完済を目指す手続きになります。

 

 

≪自己破産≫
借金金額が膨大であなたが所有している収入や財産を持っても返済が不可能と裁判所に認めてもらい、免責許可が下りると税金を除く全ての借金が免除される手続きになります。
全ての借金が免除されますので、返済はなくなり借金地獄からは解放されます。

 

 

まずは無料相談がオススメ!

普段身近になり弁護士事務所ですから、どこに相談に行ったらいいのか・どこが自分に合っているのかも分からないと思います。
 
まずは、有料の相談に行くのではなく無料相談を行ってくれる弁護士事務所に今の状況を相談に行ってみることがオススメです。下記に無料相談可能な弁護士事務所をご紹介します。

 


arrow_orange新大阪法務司法書士事務所 
 
◆女性スタッフが対応
女性の方は、旦那さんやママ友にに言えなかったりと借金を一人で抱え込んでしまう人がほとんどです。
無料相談は女性の方が対応してくれますので、男性じゃなくて同じ女性に相談したい!という方にはオススメです。
 
【参照】:女性のための借金問題解決方法!新大阪法務司法書士事務所(債務Lady)

 

 

 


arrow_orange弁護士法人サンク総合法律事務所ホームページはこちら 
 
◆無料相談・初期費用ゼロ
相談無料・初期費用ゼロときちんと表記されている為安心して訪問でき、相談者様により安心してご利用いただけるように法人化した、親身になってくれる弁護士事務所になります。
 
【参照】:相談無料の弁護士事務所は?『弁護士法人サンク総合法律事務所(旧:樋口総合法律事務所)』

 

 

『よく読まれている記事』

【多重債務】2社以上の借金の返済方法は?借金地獄からの脱出方法
【放置厳禁】住民税が支払えない方必見!税金の支払いができない場合の対処法
借金が返済できない場合の対処法|一番利用されている任意整理とは
【内緒で借金整理】2回目の債務整理(任意整理)をする方法は?

 

借金‐【無料相談】 債務整理   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る