住民税が支払えない方必見|支払いができない場合の対処法

2回目の任意整理(債務整理)の正しい方法~3回目、4回目の話や個人再生・自己破産等も

住民税が支払えない方必見|支払いができない場合の対処法

 

あなたの借金どれだけ減額可能?

債務整理を行うことで、あなたの借金がいくら減額されるか知ることが出来る無料診断シュミレーター
「匿名」「無料」で行える為オススメです。

 

▼5つの質問に答えるだけで
「借金がいくら減るか」
「いくら戻ってくるか」
が分かるため、解決の糸口になるはずです。

 

▶︎▶︎http://debt-sodan.net/

 

 

住民税を滞納した場合

住民税は前年度の所得に対して課税されます。「所得が減った」「病気になった」「借金返済があってお金が払えない」など、今のお金の現状には関係なく住民税はかかってきます。

 

現在、会社に所属されている方は給与天引きになっている場合が多いですが、個人事業・派遣での勤務ですと通知書が来てから自分で支払いになりますので滞納をしてしまう可能性が高いのです。

 

滞納してしまった住民税は、免除という対処法がなく「分割」でしたら対応可能。
しかし、その場合も延滞金はかかってきますので支払うまでに時間がかかればかかるほど負担は大きくなってしまいます。

住民税滞納により督促状や電話がかかってきた場合は、無視をせずきちんと支払いに困っていることを伝えましょう。
きちんと分納の手続きの仕方を教えてもらえますので早急に対応する事をオススメします。

 

▼滞納すると差し押さえされるの?

国も財政難のため、滞納者には容赦なく支払いを催促されます。

あまりに無視をしてしまうと「預金差し押さえ」なども有り得ますので注意が必要です!

 

通知書が必ず来ますので、差し押さえされる前に分納の手続きをすることを早急にオススメします。

分納は、あなたが支払い可能な負担のない金額で相談にのってもらえます。
差し押さえをされてからでは、手遅れですので支払いに困ったな…と思ったら、早めに対応するといいでしょう。

 

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s

 

分納をした場合でも、延滞金はかかってきます。

支払い可能な額まで、金額を下げることも可能ですが期間が伸びれば伸びる程延滞金がかさんできますので、トータルの負担は大きくなってきます。

 

 

支払いが出来ない原因をきちんと把握しましょう

住民税は、今後必ずかかってくる税金になります。

 

今回払い終わったからもう払わなくていいというものではなく、これからも支払わなければいけないものですので、なぜ住民税を延滞しているかの原因をきちんと把握し、原因を潰していくことが必要です。

 

◆◆一時的な出費から◆◆

生活をしていると、予期せぬ出費に見舞われます。

冠婚葬祭・怪我・病気など、予定には入っていない出費により税金にまで手が回らなく延滞してしまったということもあるでしょう。
このような一時的な出費による延滞でしたら、修正は可能です。

 

 

◆◆給与が減った◆◆

前年度の所得に課税されるため、今年度給与が減ってしまうとそこから住民税を払うのはかなりの負担になります。
そのような場合は「分納」がオススメです。

きちんと状況を話すことで、支払い可能額にまで分納をしてもらえますので、今の給与で負担がない金額まで押さえましょう。

 

滞納金もかかりますが、まずは住民税の支払いをすることが大切ですので分納手続きをしましょう。

 

 

◆◆借金返済がある◆◆

他に支払いがあり、住民税が払えないという方はまず借金返済の整理をしましょう。
借金は利息が高く、利息を支払うことに精一杯で元本がなかなか払えていないという場合も少なくはありません。

  • 残りの借金額
  • 毎月の支払額のうち利息額

把握していますか?

 

借金は利息ばかり払っていて元本を支払ってなければ、全く意味がありません。
今の支払額のうち利息がほとんどでしたら、一度見直し借金の負担を抑えることをオススメします。

 

 

借金を見直すとは?

毎月の収入から生活費・借金・税金を払うのは、かなりの負担になります。

また、借金は気がつかないうちに増えてしまうものです。毎月の借金返済ばかり精一杯で、残額・毎月支払っている利息額を把握したいない場合が多いです。

 

”借金を見直すとは、今のあなたの状況に負担のない支払額に司法書士や弁護士の方が借金を整理をしてくれるということ”

 

今のあなたの借金額にもよりますが「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つがあります。

 

b4fdfa369391566ebe2bef443486fc95_s

▼任意整理

将来の利息カットや現在よりも低い金利の支払い現実を目指し、司法書士の方は債権者と交渉をしてくれることです。

裁判所を通しませんので、会社にも家族にもバレず手続きができ比較的簡単です。

 

▼個人再生

裁判所に再生計画が認可されると、債務が5分の1に原則として減額されます。

減額された債務を3〜5年で支払いをしていきます。手続き開始後は、差し押さえも出来なくなります。

 

▼自己破産

裁判所で支払い不能とされた場合、税金を除くすべての債務を支払う必要がなくなります。

 

ある程度の財産は残すことができ、手続きが開始しますと、差し押さえができなくなります。

 

 

 

今のあなたの借金状況により、適切な手続きは変わってきます。
今のあなたの状況を把握し、整理したほうが良いのではないか。と思った場合は、プロの方に相談してみると今の状況より良い方法が見つかるはずです。

安く頼める・相談できる弁護士はどこ?

ただでさえお金がない時は、少しでも相談金額・依頼費用を抑えたいもの。

全国の弁護士・司法書士が無料相談を行ってくれているわけではありませんが、こちらのフォームで該当する弁護士事務所は借金解決の無料相談を受け付けていますので、ぜひ利用してみてください。

 

匿名でもOKなので、安心です。

 

 

<<街角法律相談所>>

▶▶無料シュミレーター

 

※2社以上・総額が100万円以上の方はこちらの「匿名OK/無料相談」によって借金の減額が期待できます。

 

”【街角法律相談所】の特徴”

・住所不要/匿名OK
・フリーメールOK
・今の借金からどれだけ減額が可能かが一目で分かる

 

プロに相談を迷っている方は、まず匿名での無料相談から始めるといいでしょう。
電話やメールでの相談は無料、実際に依頼するかは相談をし冷静に考えてから決めれば良いため、敷居がとても低く利用できるサービスです。
依頼をするか迷っている方も、相談は無料になりますので問題はありません。

 

税金税滞納の対処法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る