借金返済

2回目の任意整理(債務整理)の正しい方法~3回目、4回目の話や個人再生・自己破産等も

借金返済できない…クレジットカードの返済ができない!滞納は危険信号

 

3688_1

 

 

社会人になるとクレジットカードを持っていない人がいない程、今は普及してきました。
そして、陥りやすいのが現金が手元からなくなることなく欲しい商品が手に入る為使い過ぎてしまい、いつしかクレジットカードの返済ができない…と頭を抱えている人がとても増えているのが現状です。

 

クレジットカードの返済ができないからといって、支払いをせず滞納を続けていると数日後には「催促の電話」→「督促状」→「一括請求」と、どんどん追い詰められ最悪の場合には裁判にまで発展してあなたは財産を失う可能性もあるとても危険な問題です。
 

クレジットカードの返済ができなく滞納をしている人は日々、遅延損害金(利息)が発生しているため、早急に問題を解決することが大切です。

 

  ≪相談料無料≫≪初期費用0円≫


 

安心して利用して頂けるようにと「法人化」した弁護士事務所

arrow_orangeサンク総合法律事務所について詳しく解説!

 

 

 【恐怖1】長期滞納はブラックリストに…

36888-1
クレジットカードの支払日に支払いがされていないと、あなたのクレジットカードは使用が不可能になってしまいます。
口座にお金が入っていなかった…等という事は誰でもあり得る事ですので、すぐに支払いをすればすぐにクレジットカードは復活し使用可能になります。
 

短期間の未払いであればすぐにブラックリストに載ってしまうという事はありませんが、長期間の延滞となればあなたの情報は『ブラックリストに載ってしまう』という事を覚悟しなければいけません。
 

ブラックリストというのは、信用情報機関が保管している個人情報であなたのクレジットカードの返済が滞っているという情報が記録されてしまうという事です。
デメリットとしては、あなたが新たにローンを組んだり新しくクレジットカードを作成しようとしても審査に落ちてしまうという事です。

 

finger-icon05_r1_c1「すぐに支払いをしたらブラックリストから消えるのか?」

 

と言えば、そうではありません。
ブラックリストには期間が決められており、あなたが滞納を解消してから約5年後に消滅します。
一生審査に通らない訳ではありませんが、一定期間は不便になりますのでブラックリストに記録されないに越したことはありません。

 

【参照】ブラックリストに掲載されているか確認する方法!ローンを組む前に知りたい…

 

 

【恐怖2】一括支払い命令が届く…

han_1
クレジットカードの返済ができない場合、使用不可能になるだけでなくあなたに対して借金の全額一括支払い命令が届くことがあります。
今までは、残高に対して分割で〇万円を支払っていく…というようにリボ払いや分割支払いをしていたと思いますが、滞納が続き返済がされない場合は一括での支払いが義務となってしまいます。

 

きちんと対応しなかった、罰のようなものです。

 

大抵「一括支払い命令」は内容証明郵便という郵便形態で送られてきます。
この内容証明郵便とは、郵便局側が誰がどのような内容を誰に送ったか…という事を控えとして残しておき証拠として残るタイプの郵便方法になります。

 

ですから、郵便事故が起こる事はなく「そんなの届いていません」という言い逃れが出来なくなる郵便なのです。
しかし、内容証明郵便が届いたからといって何かが起こる訳ではないのでそこまでの恐怖を感じることはありませんが、内容証明郵便が届いたらここからはスピードを持って対応しなければ法的な手続きに入られてしまう可能性が出てきます。

 

【恐怖3】裁判になる可能性がある

88781
内容証明郵便が届いたという事は「あなたに再三、返済が遅れている借金のお知らせをしています。でも支払いがされていませんよね?」という事を伝えているという証明になります。
それでも、あなたが無視をし続け借金を返済しないということは逃げようとしていると捉えられても仕方がない行為ではあります。

 

債権者は、通知しても支払いがされないのであればと裁判を起こされてしまう事もあります。
裁判を起こされてしまうと、あなたが勝訴する可能性はゼロに近く「給与」「預貯金」「生命保険」「車」などの一定額の財産が差し押さえられる可能性も出てきます。

 

ですから、内容証明郵便が届いたらまずクレジットカード会社に連絡を入れ事情を話すことが先決です。
内容証明郵便が届くまでにも、利息は加算されていますので「きちんと借金の総額を聞く」「支払いが出来ていない事への謝罪」などきちんと今後の支払いについて話し合う事が大切です。

 

887887

お金がなくて支払いが出来ないケース

債権者と話をし、残高を一括支払いまたは交渉が成立し月々〇万円での支払いが出来る場合はコンスタントに支払いを続けていきましょう。
 

それでも、支払いが難しい・お金がないという場合は「債務整理」を検討してみるといいでしょう。

 

債務整理って?

 

22678

 

債務整理とは、あなたではどうすることもできない借金問題を法的に整理をする手続きになります。
債務整理といっても、種類があり「任意整理」「個人再生」「自己破産」と今背負っている借金の金額によってベストな手続き方法も異なってきます。

 

クレジットカードの返済ができない場合、債務を減らし返済を楽にする方法としては「任意整理」がオススメです。
なぜ任意整理がオススメかと言えば、理由は7つです。

 

◆将来の利息や手数料の支払いのカットが可能
◆借金総額が減るので月々の返済額の減額も可能
◆弁護士費用が安い
◆裁判所を通さない
◆家族や会社に内緒で借金整理が可能
催促がストップする

◆差し押さえが出来なくなる

 

また、過去に高額な利息で支払いをしていた場合は過去にさかのぼり利息の引き直し計算を行いますので元本が減額する可能性もあります。

 

finger-icon05_r1_c1今支払っている金額はほとんどが利息ではありませんか?

 

なかなか、借金が減らないという人のほとんどが利息ばかり支払っていて元本が減っていないというケースがあります。
クレジットカードを利用すると毎月利息がかかるのは仕方のない事ですが、お金がなく毎月の支払額が少ない人の場合利息ばかり支払っていて元本が減っていないと永遠に借金の完済が見えてきません。

 

裁判になって、財産を失ってしまう前に何らかの対処をしましょう!

≪支払いが滞ったら≫

①電話を無視せず、クレジットカード会社と話し合う

②どうしてもお金がない様なら任意整理も視野に入れる

③弁護士に無料相談に行きアドバイスをもらう

 

  ≪相談料無料≫≪初期費用0円≫


 

安心して利用して頂けるようにと「法人化」した弁護士事務所

arrow_orangeサンク総合法律事務所について詳しく解説!

 

 

『よく読まれている関連記事』
arrow_orange債務整理2回目は可能?どのような手続き方法になる?
arrow_orange借金返済できない…家族に内緒で借金整理をする任意整理とは?

 

借金‐【クレジットカード問題】   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る