借金返済

2回目の任意整理(債務整理)の正しい方法~3回目、4回目の話や個人再生・自己破産等も

【多重債務】2社以上の借金の返済方法は?借金地獄からの脱出方法は?

 

※2社以上・総額が100万円以上の方はこちらの「匿名OK/無料相談」によって借金の減額が期待できます。

 

”【街角法律相談所】の特徴”

・住所不要/匿名OK
・フリーメールOK
・今の借金からどれだけ減額が可能かが一目で分かる

 

匿名OK・無料相談…≪無料借金減額シュミレーター≫

借金は逃げれるの?

33323

 

借金を返そうと、また別のところから借金をしてしまう。気がつくと多重債務になっていた…

 

なかなか先の見えない多重債務は、誰にも言えず

「踏み倒したいな…」

「どこかに逃げたい」

「なんでこんなに借金をしてしまったのだろう」

あまりに悩みすぎて「死んでしまいたいな」なんて思ってる人も多いのが借金問題。

 

借金から逃げた場合どうなってしまうのか??

今回は、借金の踏み倒し・借金から逃げた場合について説明していきたいと思います。

 

借金の踏み倒し・借金から逃げるって可能なの?

毎月頑張って働いても入ってくる金額には限界があります。
多重債務となれば、利息も上乗せされどんなにやりくりをしても返済が回らなくなり、「このまま逃げられないかな」…頭を過ぎります。

 

現実問題、借金を踏み倒し逃げることは可能です!

無視しを続ければ可能なのです。

 

しかし、全くオススメではありません!!
踏み倒すことができるとしてもそのメリットを上回る、デメリットが大きいことを忘れてはいけません。
では、デメリットについて説明していきましょう。

 

55655

 

【デメリット1】今後お金を借りることは出来なくなる

いわゆる『ブラックリスト』です。

 

顧客情報はデータベース化され共有されています。

よって消費者金融だけでなく、銀行からも借りれなくなりクレジットカードも、もちろん作れなくなります。
今後生活をしていく上で、不便なことしかありません。

【参照】ブラックリストの基礎知識|消す方法と確認する方法は?

 

【デメリット2】精神的ストレス

借りた金融機関によっては、催促の電話も毎日かかってくるところもあるでしょう。

自宅や会社にも催促の電話や通知書がくるはずです。
その精神的ストレスから逃げ回るというのは、並大抵の苦痛ではないのでしょう。

 

【デメリット3】時効援用の手続きが必要

借金にも「時効」というものがあります
 
時効とは、借りているお金を5年か10年返済しないと帳消しになるというものです。
「時効援用」を使えば、借金を踏み倒せるならそうしよう!なんて思っても世の中そんなに甘くはありません。
 
「時効」成立には条件が必要なのです!!
確実に成功するには、プロの司法書士や弁護士に依頼しお任せする方が確実です。
 
時効成立には時効期間の5年か10年を経過する」という条件が必要!個人では相当大変です。

時効成立は、ただ期間が過ぎるまで待っていればいいというものではありません。
時効のカウントがストップしたり、振り出しに戻ってしまうと時効は成立しません。

【参照】借金の時効について詳しく|成立させるための手続きと条件

 

振り出しに戻ってしまうケースとは…??

5565

◆金融会社が裁判を起こした場合◆

 

借主側は、時効を防ぐために裁判を起こします。
裁判を起こされると、借主側に裁判が起こされているという通知が届いてなければいけません。
しかし、借金から逃げていて場所が不明という場合は、公示送達というものがありその手続きを通れば裁判を進めることができます。 この場合100%「貸主側の勝訴」となります。
裁判をおこされた場合、時効が5年から10年に伸びてしまいます。

 

◆差し押さえをされた場合

 

先ほどお話した、裁判を通して終了後に差し押さえをする場合と、通さずにあなたの財産を差し押さえをする場合があります。
多いのは、給与差し押さえです。
差し押さえをされてしまうと、時効までのカウントがストップしまた振り出しに戻ってしまいます。

 

◆債務の承認・通知をさせられた場合◆

 

貸主側にとっては、これが一番簡単な方法です。
「今月分の利息分だけでもはらえませんか?」「1円だけでも払えませんか?」
貸主側から、この提示をされるとなんだかとても出来そうな借金返済方法に聞こえ支払ってしまう場合があります。

1円でも、支払ってしまうと時効のカウントがストップし振り出しに戻ってしまいます。

 

また、電話口で支払いの意思がある受け答えをした場合も、振り出しに戻ります。
録音されている可能性がありますので「言ってない」などの言い逃れは出来なくなります。

踏み出しはメリットを上回るデメリットが多い!!

「時効」と言葉だけ聞くと借金から逃げられるというメリットしか思いつかないとおもいますが先ほどもお話した通り、精神的ストレス・時効成立までの苦悩・成立してからの不自由な生活…

 

踏み倒すよりもきちんとプロの力を借りて、解決する方がメリットがあります。
財産も失わず、解放された安定した生活を送れる「債務整理」という方法がオススメです。

 

 

554555

 

借金から解放されるには色々な方法があります。

法律事務所や司法書士に相談に行きにくい方は電話やメールで無料相談に乗ってくれる事務所もありますので一人で悩む事なく相談してみてはいかがでしょうか。

安く頼める・相談できる弁護士はどこ?

ただでさえお金がない時は、少しでも相談金額・依頼費用を抑えたいものです。

 

ましてや、身近に弁護士の知り合いがいない場合どこに行けばいいのか…

ネットで検索する方法しかないのか…

途方にくれてしまいますよね。

 

沢山ある弁護士事務所から、自分の今の状況に合った弁護士を探すのは至難の業です。

 

全国の弁護士・司法書士が無料相談を行ってくれているわけではありませんが、街角法律相談所が行っている無料診断はあなたの「借金状況」を入力することであなたの状況に合った弁護士事務所を無料でピックアップしてくれます。

 

紹介料も無料ですので、借金で困っている時にはとても心強いツールです。

 

≪無料診断シュミレーター≫匿名OK!

▶▶無料シュミレーター

 

【参照】街角法律相談所のメリットと紹介までの流れ

 

借金‐【2社以上から借金】   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る