借金返済

2回目の任意整理(債務整理)の正しい方法~3回目、4回目の話や個人再生・自己破産等も

年金・税金が払えない場合の対処法|住民税・国民健康保険・国民年金等

 

あなたの借金どれだけ減額可能?

債務整理を行うことで、あなたの借金がいくら減額されるか知ることが出来る無料診断シュミレーター
「匿名」「無料」で行える為オススメです。

 

▼5つの質問に答えるだけで
「借金がいくら減るか」
「いくら戻ってくるか」
が分かるため、解決の糸口になるはずです。

 

税金を払わないとどうなるの?

税金が払えないという問題を抱えている人は思っているよりも多いのが現実です。

国の義務ですので、逃げるということは難しい問題。
では、どうしたらいいのか…それぞれの税金によって対処法が変わってきますので一つずつ見ていきましょう。

 

まず、すべての税金は放置が一番危険です!!
延滞金がどんどん加算され、支払うまであなたの義務となって上乗せされてきます。

 

メリットはゼロですので、必ず手続きをしましょう。

 

義務である税金を滞納するとどうなるか…

国の税金を滞納すると、滞納期間によって延滞税は異なり未納の期間が続くとより延滞金が多くかかってきてしまいます。

 

◆期限翌日から2ヶ月まで…年7.3%
◆期限翌日から2ヶ月経過した日以後…年14.6%

 

見直されたりもしますので、詳細は国税庁のHPなどでも確認できます。

放置すればするほど負担は大きくなりますので、早めの処置・早めの支払いがベストと言えます。

 
国の義務になっている納税を放っておくと…

「行政処分を受ける」ことになりますので、要注意です。

 

 

6cbb39618a64a9062086e081267739af_s

 

 

◆国民健康保険

万が一、病気になった場合この国民健康保険にきちんと入っていないと大変なことになります。
「所得が一定金額以下になった」「解雇された」「災害や病気」の場合減額されます。

 

国民保険窓口に相談に行ってみましょう。
その際、所得が証明される源泉徴収・印鑑・納付書を持っていくと手続きが早く進みます。

 

 

◆国民年金保険

所得が少なく支払えない場合「国民年金保険料免除・納付猶予制度」があり、「支払いの免除が可能」になります。

 

支払い免除になった期間は、将来貰える年金額には反映されませんので、年金額を増やしたい方は保険料が払えるようになった時、後から納める(追納)が必要になってきます。

免除額には、「全額」「4分の3」「半額」「4分の1」の4種類があります。

 

どうしても払えないという場合は、未納のまま無視をするのではなく必ず手続きをすることがオススメ
申請方法は、区役所の国民年金担当窓口に申請書を提出・郵送することでできますので、一度問い合わせてみましょう。

 

 

◆住民税

住民税の免除は、とても困難です。
住民税に関しては、分納が可能です。

今の生活を第一に考えて相談にのってくれますので、一度相談に行ってみましょう。

 

借金返済が理由で支払えない方はこちら

◆借金

◆保険料

両方抱えている方は「延滞金かかる」「催促の電話が来る」どっちから払えばいいの?と頭がいっぱいになっていませんか?
どちらも払わなければ、延滞金だけがかさみ精神的ストレスも想像を超える負担になります。
どちらも、対応せず無視をしていると差し押さえになりかねません。

 

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

 

税金の免除は可能ですが、基準が所得額です。
所得が一定以上ですと、借金の支払い苦でも免除になる可能性はとても低くなります。

借金をまず見直すことがオススメです。

 

借金返済には色々な債務整理の方法があります。

”債務整理とは、重く圧し掛かっている債務を法的に見直し負担のない額まで減額する手続きになります”

 

 

◆任意整理

弁護士があなたに代わって「将来の利息カット」の手続きを行います。

※裁判所を通さない為、家族や会社に内緒で行うことが可能

 

◆個人再生

原則として債務を5分の1程度に減額

※裁判所を通す為内緒での手続きは不可

 

◆自己破産

税金を除く全ての債務の支払いが免除

※ある程度の財産は手元に残すことが出来ますが、約20万以上の財産は手放すことになります。

 

 

今のあなたの借金総額・税金の滞納額・ローン・所得など確認した後、弁護士や司法書士のプロにどのような方法がいいのか相談してみましょう。

あまり知られていませんが、相談は無料の事務所も多くなっています。

 

 

【こんな記事も読まれています】

067誰にもバレずに無料で相談できる方法は?

 

弁護士に無料相談する前に…あなたの借金 どれだけ減額可能だと思いますか?

今は、弁護士や司法書士への相談は無料が多いですが相談する前に、債務整理を行うことであなたの借金がいくら減額されるか知りたい方は…

「匿名」「無料」で行える借金減額シュミレーターをやってみるといいでしょう。
<<街角法律相談所>>

▶▶無料シュミレーター

 

※2社以上・総額が100万円以上の方はこちらの「匿名OK/無料相談」によって借金の減額が期待できます。

 

”【街角法律相談所】の特徴”

・住所不要/匿名OK
・フリーメールOK
・今の借金からどれだけ減額が可能かが一目で分かる

 

プロに相談を迷っている方は、まず匿名での無料相談から始めるといいでしょう。
電話やメールでの相談は無料、実際に依頼するかは相談をし冷静に考えてから決めれば良いため、敷居がとても低く利用できるサービスです。
依頼をするか迷っている方も、相談は無料になりますので問題はありません。

 

税金税滞納の対処法   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る